文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

秋田県秋田市周辺でリフォームをお考えならアイ・リフォームへ!

アイ・リフォーム お問い合せ、無料お見積もり 無料相談窓口050-7300-0180、受付時間9:00?18:00

施工事例

火を使わない蓄熱暖房機設置工事

IMG_0134

FF式灯油ストーブで温水を作り、家の中の暖房パネルにも温水をまわして暖房していますが、機器の調子が悪くなってきたことから、火を使わない暖房機器の導入を考えているということで、蓄熱式暖房機設置のご依頼をいただきました。

ワンちゃんが昼間お留守番をしているということで、火を使わない暖房機ということを考えられていました。

エリア 秋田市
お客様名 O様
工事内容 蓄熱暖房機の設置。   蓄熱暖房機設置のための、①床下の補強、②電気使用量増加のため外部の電気配線の太い配線での再引込、専用分電盤の設置。   玄関・勝手口のLEDセンサーライトへの交換   玄関前への落雪を軽減するスノーネットの設置、雨どいの設置。
リフォーム期間 約2週間
費用 120万円

IMG_2262
LDKには7kWタイプの蓄熱式暖房機を設置しました。
蓄熱暖房機は前日の夜間にに蓄熱量を設定するため、急に寒くなったり、暑くなったりした場合の調整が難しいので、慣れるまでは電気代が多くかかってしまう場合があります。

火を使わない暖房というのは、ワンちゃんだけでなく、小さなお子様や、お年寄りがお住まいでも安心して使えますし、最近では北国秋田でもきちんと暖まる機器もできています。

施工前

IMG_0134 新築の際にFF式石油ストーブを設置し、ここで作った温水を廊下や2階の各部屋に回して家中の暖房をしていました。

IMG_2337 屋根が谷のようになっているので、2階屋根から落ちた雪が集まって玄関前に落ちてきてしまいます。
下の出窓の屋根に雨どいがないので、下の花壇が水浸しになってしまいます。

IMG_0146 暗くなってから帰ってきた時に玄関の明かりがついていないとつまづいたりする心配があります。

施工中

IMG_2248 蓄熱暖房機設置箇所には事前に専用の配線をします。

完成

IMG_2263 キッチンには薄型でファンが付いていない自然放熱タイプを設置しました。

IMG_2275 玄関ホール・階段下には3kWタイプを設置しました。

IMG_2269 2階寝室にもキッチン同様の自然放熱タイプを設置しました。

IMG_2344 スノーネットと雨どいの設置が完了。
大雪で1m以上の積雪の場合は雪下ろしの必要がありますが、秋田市の場合滅多にそこまでは積もりません。
雨どいのおかげで花壇を使うことができるようになりました。

IMG_2208-2 センサー式のLEDライトにしました。
暗くなってから人が近づくと自動的に明るくなるので、帰宅時にも、防犯の面でも安心です。

お客様の声

20151219大塚良樹様

担当者より

shindo_mitsuhiro2_rollout

現在使用している温水パネル暖房機が使えなくなってしまうため、蓄熱暖房機だけでなく、ヒートポンプ式温水暖房システムのご提案もさせていただきました。
床暖房と温水パネルの併用もできますが、イニシャルコスト(初期の機器代・工事費)が高くなってしまうため、1・2階の4箇所に蓄熱式暖房機を設置しました。

蓄熱式暖房機はお得な深夜電力で耐火レンガに熱を蓄え、昼間少しづつ放出する暖房機となり、レンガを含めた重量が何百キロにもなります。設置箇所には床下から補強材を入れて、床が沈まないように対策をした上での設置となりました。

担当:進藤 光洋